会社案内

業務体制図

ご挨拶

ダンクグループ

代表 井上弘治

二十世紀は「戦争の世紀」といわれています。事実、世界中を巻き込む大きな戦争を経験したのも、二十世紀のど真ん中のことでした。
そして戦後、人間はその悲惨な戦争の傷痕を忘れようとでもするかのように、宇宙を目指し、地上のあちこちでは思想と政治と経済の再編が急ピッチで進められました。

人類は、月の面に最初の一歩を踏みだし、衛星を軌道に打ち上げ、コンピューターをその掌に乗せました。あたかも経済の繁栄と大いなるテクノロジーの獲得こそが、人間の幸福と自立をもたらすのだとでも確信したかのように、邁進したのでした。

それは、たしかにわたしたちの目と耳と感受性を刺激し増幅させました。しかし同時に、不安や恐怖、人間のもつ矮小さをも強烈に見せつけられることにもなったのです。

大戦後の歴史は、いわば人間が「試される」ための歴史だったのだといってもいいかも知れません。わたしたちは、様々な事件や出来事を通して、再び「人間とはなにか」という設問にぶつかることになったのです。

「人間とはなにか」。その究極の問いに答えるための条件とは、おそらく上質なコミュニケーションを確立することではないでしょうか。
手渡された様々なメッセージを正確にきちんと「手渡しで返す」こと。すべては、そこから始まるのではないかと思います。

わたしたちは、会社というフィルターを通して、社会の仕組み、人間の仕組みといった見えない体系にふれようとしています。なぜなら、そこに人間の可能性の新たな一歩があるからだと考えているからなのです。

それが創立以来のダンクの哲学なのだといってもいいでしょう。

ダンクグループ 沿革

1994年
有限会社ダンク 設立(秋葉原)
1996年
秋州ビル3Fに移転
1997年
さいたまルームを開設
秋州ビル2Fを開設
1998年
飯田橋ルームを開設
1999年
出版部を立ち上げ、青山ルームを開設
2002年
有限会社東京ヒップを設立(飯田橋)
飯田橋チラシチームを飯田橋スクエアビルに移転
『見返りにっぽん』で、ダンク出版部スタート(発売:星雲社)
2003年
出版部を秋葉原2Fへ移転
飯田橋チラシチームを飯田橋スクエアビルから移転し、本所ルームを開設
2005年
駒草出版株式会社を引き継ぎ、ダンク出版部と合わせて駒草出版株式会社を設立
2008年
有限会社ダンク、有限会社東京ヒップをそれぞれ株式会社に商号変更
株式会社ダンクが駒草出版株式会社を吸収合併。ダンク出版事業部(通称:駒草出版)発足
2013年
管理・企画・デザイン・出版部門を秋州ビル2Fからミハマビル9Fに移転
株式会社東京ヒップを秋州ビル2Fに移転
2015年
株式会社ダンクを邦洋秋葉原ビル3Fに移転
駒草出版(ダンク出版事業部)を邦洋秋葉原ビル2Fに移転
株式会社東京ヒップを邦洋秋葉原ビル4Fに移転

ダンクグループ概要

株式会社ダンク

設立1994年6月9日
資本金19,000,000円
本社 東京都台東区台東1-7-1 邦洋秋葉原ビル
役員代表取締役   井上 弘治
取締役社長   岡崎 聡
取締役本部長  加藤 靖成
業務内容企画・編集・デザイン制作/映像/WEB制作・校正業務・進行管理・出版・他

株式会社東京ヒップ

設立 2002年6月6日
資本金3,000,000円
本社 東京都台東区台東1-7-1 邦洋秋葉原ビル4F
役員代表取締役   井上 弘治
取締役     神村 嘉隆
業務内容企画立案・業務設計/進行管理・ディレクション/原稿整理・校正・校閲 /編集事務局運営/広告制作(デザイン・DTP)

アクセス

株式会社ダンク   TEL 03-5817-4090

〒110-0016 東京都台東区台東1-7-1 邦洋秋葉原ビル6

株式会社東京ヒップ TEL 03-5817-8791

〒110-0016 東京都台東区台東1-7-1 邦洋秋葉原ビル4F

駒草出版(株式会社ダンク出版事業部) TEL 03-3834-9087

〒110-0016 東京都台東区台東1-7-1 邦洋秋葉原ビル2F


邦洋秋葉原ビル:JR山手線・総武線・京浜東北線、

        東京メトロ日比谷線、秋葉原駅徒歩約7分