有限会社ダンク
トップページ
会社概要
広告提案
広告校正
広告制作
ひとつ上いくセミナー
ご相談・お問合せ
駒草出版








セミナー
校正方法 〜ミスの見つけ方とその書き方〜

疑問は話すように書こう

疑問は話すように書くのがコツです。

1 まずは結論だけを書きます。明らかにおかしければこれだけです
〈ダメな例〉 日付と曜日、矛盾するがOK?
  矛盾してるんですからOKのわけがありません。それになんか偉そう。
〈ダメな例〉 日付と曜日がカレンダーと矛盾します。正しいものをお知らせください。 
  ていねいで良いのですが、ちょっと書きすぎです。
〈良い例〉 日付と曜日、矛盾しますが?
  これで十分。

2 結論だけだと疑問になったいきさつがわからない。そんなときは理由も書きます
〈ダメな例〉 Sは大文字でOKですか?
  なぜこの疑問が出たのか、さっぱりわかりません。

〈良い例〉 Sは大文字でOKですね? (原稿は小文字ですが、画像は大文字なので)
  このくらいしっかりと書きましょう。OKになりそうなときは「ですね?」とやわらかく。

3 「こうしては?」と提案することもあります
〈ダメな例〉 「価格を値下げしました」はおかしいのでは?
  おかしいと指摘するだけだと、無視されることも。
〈良い例〉 単に「値下げしました」としては?(重言なので)  これでばっちり。親切でしょ。

*【疑問】 原稿のグレーな部分をお客さまに問い合わせ、白黒はっきりさせること。明らかな原稿の誤りでも、勝手に赤字にしてはいけません。原稿は神様。必ず疑問です。


価格は電話番号のように読もう

校正は難しい字よりも簡単な字のほうが危険です。難しい字は誰もが気をつけるので間違えることはありません。しかし簡単な字はさらっと読めてしまうので、見落としやすいのです。税と税、以と以、午と午AMとPM、店と店など、1字違えば正反対の意味になってしまいます。

数字も簡単な字なので十分注意してください。10時開店が9時開店だったらどうなるでしょう。間違った電話番号がおっかない事務所のものだったらどうなるでしょう。

なかでも「価格」の恐ろしさは別格です。全国チェーンのスーパーで、もしティッシュの値段を10円安くしてしまうと、損害はウン百万円になるのです。だから価格は電話番号のように確認してください。1,980円は「せん きゅーひゃく はちじゅーえん」ではありません。「いち かんま きゅー はち ぜろ えん」です。


二つの角度から見よう
ダンクの仕事は常に、校正者と消費者、両方の視点からのチェックが求められます。

たとえば「カーネーション3本組」の写真をチェックするとき、校正者視点では「きれいに咲いたカーネーションが3本あればOK」となります。しかし消費者視点ではOKになりません。それはつぼみが1本もないと、長く楽しめないので買う気にならないからです。

消費者の視点で見る。これは難しいことではありません。スーパーで牛乳を買うとき、コンビニで雑誌を買うとき、どこを見て「これにしよう」と決めていますか?


検算は最初と最後にしよう
税込価格、割引率、クレジット払いなど、1回目の検算は「原稿」で行います。その後価格に訂正が入ったときは(必ず入りますよね)、その都度忘れずに検算し、鉛筆でレ点チェックをしてください。

計算が合わないからといって勝手に直してはいけません。必ず疑問にしてください。売価、元値、割引率のどれが間違いなのかは、原稿を書いた人にしかわかりません。
2回目の検算は「最終校正紙」で行います。こうすれば万が一校正ミスがあったとしても、ぎりぎりで発見できます。

計算はこのように行います。*電卓がCASIOの場合。
●税込価格は
「税込」「AC」を押さなくても次の計算ができます。
●割引率は
「売価」「−」「元値」「%」。これも「AC」は押しません。
●初回12,000円、残り11回が11,500円のクレジット払いなら、
12000」「M+」「11500」「×」「11」「M+」「MRC(MR)」で138,500円となります。次の計算をするときはMRC(MC)」で表示されたMを消し、「AC」で138500を0に戻します。


誤字を覚えよう
「この字、間違ってますね」「あれ!? 何回も見たんだけどなあ」。お客さまの持って来られたカタログをさっと眺めただけなのに、誤字が目に飛び込んでくることがあります。

誤字のパターンをたくさん覚えていると、危険な字が出てきたときに「正しいか」ではなく、「あの字になっていないか」と見ることができます。

なら蜂、横なら横、茶なら茶、内肉なら内肉、々麺なら々麺、週誌なら週誌、り出し物ならり出し物、量設計なら量設計、面入力端子なら面入力端子、熱防止センサーなら熱防止センサー、期待にえるなら期待にえる、古都をねるなら古都をねる…。調豆乳と無調豆乳はややこしいので要注意。

このパターンを増やすには、うっかりしそうな誤字に出合ったらこまめにメモを取ることです。1年もすればベテランと同じ「経験値」になれます。そうなれば、紙面(誌面)のこのあたりに何かありそうだとピンときます。


赤字の前後に注意しよう
正しかった文字や写真が、こっそりおかしくなってしまうことを「化け」といいます。

●受付期間を受付時間に変えたら、午後9時が午前9時に!
●価格の色を変えたら、1,980円が
1,900円に!
●文頭の文字を変えたら、ご利用くださいが
を利用くださいに!

デザイナーさんが赤字のところしか触らなければ、すべてとは言いませんが、かなりの化けは防げます。しかし、1字直すのに文章を丸ごと打たなければならないときもあれば、別の場所を直してしまうこともあります(人間ですもん)。

もやっとした赤字が、修正ミスの引き金になることもあります。たとえば「自然の水を利用した」の「自然の」を「天然」にする赤字だと、「水」が落ちて「天然を利用した」にならないとも限りません。赤字検版では、赤字の前後もしっかり見るようにしてください。

*【もやっとした赤字】 「自然の水」を囲って「天然水」と書けば「水」は落ちません。
*【赤字検版(けんぱん)】 赤字どおりに直っているかを確認する作業。赤字引き合わせ、赤字照合ともいう。


事故事例から学ぼう

世の中の重大事故のほとんどは、機械の誤動作ではなく人間のポカによるものです。それは広告作りも同じで、制作に関わるすべての部署でポカが発生しています。

原稿の誤記、意味不明のメモ、口頭による伝達ミス、目立たない赤字、訂正で生じた矛盾、差替版の設定ミス、原稿なし部分の消え残し、勘違いの疑問、実画像の貼り忘れ、コピペによる化け、保存ミスによる先祖返り…。

他部署のポカで事故が起きたとき、それは校正の責任じゃないと突っぱねる校正者もいれば、そういうポカを想定して事故を未然に防いでいる校正者もいます。どれだけポカをカバーできるか、それがダンクに求められる「校正」です。

その力をつけるには、事故事例を勉強するのが一番です。過去の失敗例を見て、今のやり方でその事故が防げるかを点検し、無理だとしたら新しい方法を考えましょう。1,980円が1,900円だったとき、エラーを知らせてくれる機械はまだありません。

*【消え残し】 原稿にない情報(主にピクト)が入っているのに校正者が気付かず、事故になってしまうこと。校正紙にひそむ最も危険な地雷
*【先祖返り】 デザイナーさんが前回データから作るところを前々回データから作ってしまい、前回修正した箇所が元に戻ってしまうこと。〈例〉前回1,000円を900円にしたはずなのに、何でまた1,000円に戻ってるんだ!


公式サイトで調べよう
原稿はRだけどGじゃないとおかしい!? 申込番号やメーカー型番は、どんな法則で記号を付けているかがわかれば、原稿の間違いを見つけることができます。この場合「イエローがYでピンクがPなら、グリーンはRじゃなくてGでしょ」となるわけです。

でもここではまだ疑問にしません。刷見本で調べ、グリーンがGだったら「G?(刷見本P.85より)」と書きます。刷見本にないときはその会社の公式サイトで調べます。その場合は「G? (公式サイトより)」と書き、回答する方のためにその画面を印刷し、校正紙に添付します。

刷見本や公式サイトで裏付けのとれた疑問でも、すべてOKになるわけではありません。何回かに1回は、「刷見本が間違いでした」というドンデン返しが待ってます。

*【刷見本(すりみほん)】 最新の印刷物のこと。刷本、前号、前カタ(前号カタログの略)、サンプルともいう。
*【公式サイト】 オフィシャルサイト、公式ウェブサイト、公式ホームページともいう。間違いだらけのネット情報の中で、とりあえず信用できるのはその会社の公式サイトだけです。


色の意味を読み取ろう
商品番号をからに、日付の地色をピンクから水色に、価格をオレンジからに…。広告では色に重要なメッセージが込められています。

この例でいえば、通販カタログのエコではない商品がエコ商品に変われば、商品番号の色もからに、旅行パンフの宿泊料金が休前日プランから平日プランに変われば、日付の地色もピンクから水色に、チラシのお買得商品が超目玉商品に変われば、価格の色もオレンジからに変わります。

Aが変わればBも変わる。広告はあちこちにこの法則が張りめぐらされています。そしてそれに気づいた校正者だけが、Aにしか赤字がないとき「B も変わるのでは?」と疑問が出せるのです。


忙しいときはゆっくり歩こう

どうすればそのオファーを早く確実にクリアできるか。窓口さんの仕事は、Who(誰が) What(何を) When(いつ) Where(どこで) Why(なぜ) How(どのように)をA4判1枚にまとめることから始まります。

時間に追われているときも、窓口さんはのんびりと構えていましょう。そして、やり忘れている作業がないかに気を配ってください。窓口さんがピリピリムードだと、伝え忘れもあるでしょうし、「だろう判断」する人も出てきます。作業手順を早口で伝え「急いで!」なんて付け加えたらもうアウト。

読み合わせをお願いするときも「読み手の人はときどきわざと間違えてね」と校正ルールを念押しするくらいのゆとりを持ちましょう。みんなが浮き足立ってる、そんなときだからこそ、ゆっくり歩き、にこにこして、「大丈夫だからね」という演出が必要なのです。


同じ文字はまとめて見よう
同じ文字や順番に並んだ文字はそれだけをまとめて見る。これは原稿照合、常識チェック、パタパタなどで毎日使う、広告校正の親分みたいなルールです。

たとえば注文番号が301-01 301-02…となっていたら、301だけを見ていきます。そうすると310が混ざっていても、301 301 310 ん!? と簡単に見つけることができるのです。301が終わったら次は-01 -02 -03…と見て、番号の飛び重複をチェックします。

カタログのツメチェックも章ごとに分担するのではなく、一人に任せましょう。そうすれば書体の違い位置のズレも簡単に発見できます。普通にやるより早く、正確にできる。これが良いルールの条件です。

*【パタパタ】 赤字カンプと修正カンプをぴたっと重ね、パタパタとあおりながら赤字以外の箇所が化けていないかをチェックすること。あおり検版、重ね照合ともいう。


誤字は目をつぶって見つけよう
お客さま  ダンクさんって、ほかの校正会社とどこが違うんですか?
  
さて、あなたならどう答えますか? 

ダンク  会社からは「字の間違いなんか目をつぶって見つけろ」と言われています。
  これでは答えになっていません。でもこれでいいんです。次は必ずこう訊かれます。

お客さま  へえ!? じゃあ、目を開けてるときは何をするんですか?
ダンク  会社からは「常識チェックをしろ」と言われています。
お客さま  常識チェックってなんですか?
  
そうこなくっちゃ!

ダンク  たとえばカーネーション3本の写真を確認するとき、きれいに咲いたカーネーションが3本写っていれば…。
お客さま  いいんじゃないでしょうか?
ダンク  いえ、ダンクではOKになりません。それは全部咲いたものより、つぼみのあるほうが売れるからです。だから「つぼみのある写真に変更しては?」と疑問を出すようにしています。


お客さまと同じ言葉で話そう

ダンクの校正用語の中には、へんてこりんなものがいくつかあります。たとえば、原稿引き合わせや突き合わせのことを付け合わせと言います。辞書だとこれは「肉料理などに添えるポテトやにんじんのこと」。重厚感に欠けますね(笑)。刷り出しもダンクでは最終校正のことですが、本来は「きちんと印刷されているかをチェックする」という意味です。

さらに、あおり検版や重ね照合はパタパタ、赤字引き合わせや赤字消しや赤字照合は赤字検版、素読みや校閲に似た作業は常識チェック。ほかにも、大基本(だいきほん)のようにそっくり返ったものや、イキシニくんのようなゆるキャラっぽいものがあります。

もちろんこれらが通じるのはダンクの中だけです。だからお客さまと話をするときは、お客さまの言葉に合わせてください。原稿や先方チェック紙が何種類もあるときは、お客さまにそれぞれどう呼んでいるのかお訊きし、チーム全員で同じ言葉を使いましょう。


納得してから印を押そう

もし大切な人から、保証人になってほしいと頼まれたら、あなたはどうしますか? 保証人なんて絶対にイヤ!というのはわかっています。でもどうしても断れない状況だったら…と考えてみてください。

おそらく契約書の隅から隅まで目を通し、わからなければ質問し、納得するまで署名・捺印しないはずです。校正も同じで、隅から隅まで、納得するまで確認しないといけません。窓口さんから消え残しを指摘され、そこも見るんですか?なんてことでは困ります。

私たちが校正した文字を黄色のダーマトで消すのは、1字ずつに確認印を押しているのと同じなのです。そしてすべての作業が終わったら1分間、消え残しがないか、やり忘れがないかを見直しましょう。印を押すのはそれからです。

*【ダーマト】 dermatographの略。紙をむいて芯を出す、クレヨンみたいな色鉛筆。紙の接着が強すぎると、上手にむけずイライラする(と書いても、見たことない人にはわかりませんよね)。

「、」や「・」にこだわろう
「じゃあ、またね」と「じゃあまた、ね」。あなたがデートの帰り際、お相手からささやかれたいのはどちらですか? 私は断然「じゃあまた、ね」派です。ムフフ♪

それはさておき、校正者は「、(読点) ・(中黒) アキ 改行」の違いに敏感でなければなりません。以前、医薬品のコピーで「、」が落ちてしまい、薬事法に抵触するのでは?と大騒ぎになったことがあります。また「パインアップル」と「パインアップル」はもちろん、「オレンジ・アップル・パイン×各2」と「オレンジアップル・パイン×各2」もまったく意味が違ってきます。

広告校正に欠かせない、この文章チェック力をつけるには、本をたくさん読むよりも、自分の好きな文章を書き写すのが一番です。「むむっ、『強敵』と書いて『とも』と読ませるのか」とか「この『しっとりサクサク』が、もし『じっとりサクサク』だったら気持ち悪いな」というふうに楽しく勉強できるでしょう。


安全管理のミーティングをしよう
校正スタッフのミーティングといえば、テーマの99%が安全管理に関することです。ではほかの部署もそうかというと、そうではありません。売上目標や仕事の進捗状況の確認などが主で、「安全」が議題になるのは大体何かが起きてからです。

ヒヤリ・ハットを減らすミーティングが、どれだけ重要なのかはいうまでもありません。しかし部署も立場も違うみなさんに、それを理解してもらうのは大変なことです。安全管理は手間も時間もとんでもなくかかると思われています。でも実際はその反対で、少し話し合っただけで後(あと)工程がぐんとラクになることが多いのです。

ハインリッヒの法則、割れ窓理論、三現主義、源流管理、ヒューマンエラー、システムエラー、フィードバック、ダブルチェック…。こんな安全管理の専門用語が、ミーティングで自然に使われるようになれば、そのチームは確実に強くなっていきます。

*【ハインリッヒの法則】 別名「1:29:300の法則」。1件の重大事故の裏には29件の軽傷事故(クレーム)と300件のヒヤリ・ハットが存在するといわれています。


表記はShufoo!目線で統一しよう

表記統一の目的は、読者にきちんと作ってあるね♪と感じてもらうことです。表記があまりにまぜこぜだと、これって素人が作ってるの!とケチョンケチョンにやられます。

1 お客さまの『用字用語集』にある → 赤字にする
〈例〉 
ください ×下さい
もし×の「下さい」で統一されていたら、疑問にしてください。「用語集では『ください』ですが、改訂されましたか?」

2 原稿とパッケージの文字が不一致 → 疑問にする
〈例〉 原稿は海
サラダ、パッケージは海サラダ。「海としますか?(Pより)」

3 広告を見る人が「何これ?」と思うもの → 疑問にする
〈例〉 紙面内にラインアップとラインップがごちゃまぜ。「ラインアップで揃えますか?(記者ハンドブックより)」

ただし「ラインップ」で揃っていたら知らんぷり。『記者ハンドブック』とは違いますが、主婦(広告を見る人)は全然おかしいと思いません。

*【Shufoo!(シュフー)】 凸版印刷さんが運営するチラシ検索・配信サイト。「Everyday お得が届く!」
*【P(丸囲いのP)】 photographの略で写真(画像)のこと。これはよく使うので覚えておきましょう。


疑問は全勝を目指そう

頭は悪くない。仕事もていねい。でも結果が出ない。そんな人のことを「残念な人」というそうです。残念な人は、的外れの疑問を山のように書いて、周りの人を疲れさせます。

〈残念その1〉 P.80の「あきらか」を「明らか」にしますか?(P.50の3行目より)
80ページの「あきらか」を見て、ずいぶん前に「明らか」もあったぞ、としゃかりきになって捜したんでしょうね。でも30ページも離れていたら気にする人はいません。

〈残念その2〉 「取扱品目」を「取り扱い品目」にしますか?(「取り扱います」があるので)
動詞には送り仮名を付け、名詞には付けない。受け付けると受付時間、申し込むと申込書などよくある表記です。まったく問題ありません。

〈残念その3〉 品名に合わせ、コピーも「ぷりん」にしますか?
品名は「ミルクたっぷりぷりん」、コピーは「牛乳をたっぷり使ったまろやかなプリンです」。固有名詞と普通名詞、揃えてはいけません。


赤字におまじないをかけよう

「どう考えてもありえない入力ミス」や「コピペによる化け」に出くわすことがあります。たとえば国内産濃くない酸だったり、1,000円98円なんて打たれていたら赤信号。

入力ミスをゼロにすることはできません。しかし大幅に減らす方法はあります。ここは入力ミスを減らす「おまじない」の出番です。

赤字を書いたらその横に、ちょこちょこっと謎の呪文を書くだけ。たったこれだけで効果抜群です! (それだけに用法・用量を守り、正しく使いましょう) えっ、どんな呪文か教えてほしい? たいへん申し訳ないのですが、企業秘密のためここでは公開できません。

*「そこをなんとか」という方にはこっそり教えますので、メールでお問い合わせください。

ときどきわざと間違えよう
読み合わせ校正での読み手の役目は、ニュースキャスターのように原稿を正確に読むことではありません。内容の常識チェックをしながら、書き手が誤りを見つけられるように工夫して読むことです。そして、ときどきわざと間違えましょう。

普通に読んでいても間違えることはあります。でも、校正を始めるときに「ときどきわざと間違えます」と宣言すれば、書き手は読み手がわざと間違えたときに反応できないとバツが悪いので、気が抜けなくなります。

地名、店名、人名などの固有名詞は、どんな字が使われているかを書き手に正確に伝えましょう。とはいっても、たとえば「弘前」を、水原弘の「弘」に前後ろの「前」なんて言うと、聞いてるほうはこんがらがっちゃいます。

そこで、弘前(ひろさき)なら「ひろまえ」、苫小牧(とまこまい)なら「とまこまき」、栂(とが)は「木へんに母」、不二家は「ふじいえ」、キヤノンは「ノン」というように、わざとヘンな読み方をして、すぱっとわかりやすく伝えましょう。


3手先まで考えよう

窓口さんに質問するときのコツは、第1章「疑問は話すように書こう」と同じです。だから上手に質問できる人は、疑問の書き方も上手です。反対だと目も当てられませんが。

1 まず結論だけを伝えます。
〈例〉 この約2268席の約をトル?と疑問にしたいんですが?

2 結論だけ伝えたら、黙ってましょう。窓口さんは今、「約2200席ならわかるけど、どうして約2268席なんだろう?」と考え中です。

3 しばらくすると窓口さんは「刷見本はどうなってるの?」と訊いてくるはずです。前もって刷見本や公式サイトで調べておきましょう。
〈例〉 (さっと刷見本を見せて)それが前回も「約」が入ってるんですよ。

こちらがこう話す、すると窓口さんはこう訊いてくる、そうしたらこう応じる…。物事は、3手先まで読んでからアクションを起こすとうまくいきます。

*【約2268席】 車椅子席のある会場では、このように表示することもあります。


カンプに引きずられないようにしよう

赤字の意味がはっきりしないとき、修正されたカンプを見て、そういう意味だったのかって納得すること、ありますよね。100%納得できればいいんです。でも99%だったら気をつけましょう。修正カンプに引きずられてはいけません。

校正者が理解不能の赤字を、どうしてデザイナーさんは直せたんでしょう? 何かおかしいと感じたときは、たいてい何かあるものです。グレーな部分をそのままにしておくと、いずれ痛い目に遭います。だから「どうしてこうなったんですか?」とすぐデザイナーさんに問い合わせましょう。

事故が起きてから「ああしておけば…」と後悔し、同じ過ちを繰り返すのが普通の校正者で、起きる前から「そうしておく」のがプロの校正者です。優秀な校正者はフットワークもいいのです。


価格はひと文字ずつ縦に消そう

私たちは電話番号を人に伝えるとき、0358173741ではなく、03…5817…3741と伝えますよね。その上最後に、その番号をメモした人が復唱までする念の入れよう。間違えるはずがありません。「価格」を校正するときも、こんな工夫が必要です。

\19,800が\19,880だったとき、確実にそのミスを拾うにはどうすればいいでしょう? まず声に出す。付け合わせなら小さな声でぼそぼそと、読み合わせなら読み手に聞こえるように、「いち きゅー かんま はち ぜろ ぜろ」と言いながら、黄ダーマトでひと文字ずつ縦に消し込むのです。

一人目がこういう見方をして、二人目がカンマの前と後ろ(19と800)に分けて確認すれば、ひと桁多い\198,000のときも、カンマの位置がおかしい\198,00のときも、確実に反応できるはずです。


白黒コピーで校正しよう

文字の色を変えたら数字が化けた! 関係ないピクトがいつの間にか入っていた! DTPが普及したおかげで、それまで色校や下版でしかできなかった「画像や色のチェック」が、早め早めにできるようになりました。しかし、やはり新たな問題が発生しました。

一つ目の問題は、コピペによる化けです。これはデザイナーさんが制作や修正のとき、似たような文字をコピー&ペーストして、その後に差異(コピーと違う部分)を直し忘れて起こります。まったく予想していなかったところも化けるので、修正が1カ所だからといって安心はできません。必ずパタパタで紙面全体を合わせてください。

二つ目の問題は、修正もれ消え残しによる事故が激増したことです。それまでの白黒コピーと違い、カラーカンプは修正指示や消え残しが目立ちません。よほど注意して見ないと見落とします。だから「ここぞ」というときの校正では、カラーカンプではなく白黒コピーを使いましょう。

*【DTP】 desktop publishingの略。レイアウト、写植、版下、分解、レタッチなど、各部署のエキスパートが分業していた作業を、パソコンを使ってデザイナーさん一人でするようになった(なってしまった、かも)。


別紙赤字は読み合わせにしよう

赤字検版(赤字修正の確認)のとき、〈別紙参照〉の文字があったら要注意です。それは、レイアウト変更とか表組みの追加とか、雪山登山くらい危険なことが多いからです。当然、赤字の常識チェックにかかる時間も、別紙があるとないとでは全然違ってきます。

赤字検版は付け合わせ(引き合わせ)で行うべし、なんてルールはありません。納品書が申込書に! 980円が78円に! そんな事故の話を聞くたびに、読み合わせならあり得ないのに…と思います。だから別紙は読み合わせで確認してください。

別紙だけでなく、赤字がごちゃごちゃのときも読み合わせがベストです。プロなんだから付け合わせでいいじゃないか、と思う人は広告校正検定10級以下です(まだそんな検定ありませんが、そのうち作ります)。めんどくさいなあというときは、読み合わせ!


チェックシートは横から目線で作ろう

チェックシートはひじょうに優れたポカヨケシステムです。でも現場を知らない人が作って、現場に「ぽい」と渡すだけではダメ。正しく使っているかを監視する、監督責任者を決めておかないと、CIマークのないページなのに「CIマークの色は正しいか」にチェックがあったり、結局まじめにやっているのはミスの少ない部署だけ、なんてことになります。

「チェックシートの使い回し」や「指示があいまい」なのもよくありません。たとえば「仕上り寸法は正しいか」は「タテ○○mm×ヨコ○○mm」とサイズを明記したほうが安全です。料理のレシピだって「塩を入れる」ではなく、「塩 小さじ1」となっていますよね。

文体も度を越さない程度に「その人らしさ」が出ていると楽しいですね。たとえば「…は正しいか」を、過去の事故事例を反映して「…にはなっていませんね?」にするとか、最後に「安全確認、ありがとうございました。」と一文添えるとか。どんなシートならチェックしたくなるか、実際にチェックするみなさんといろいろ相談して、試してみてはいかがでしょう。


説明したら復唱してもらおう

広告校正では、200ページを3日でとか、32ページを1日でということがよくあります。もちろん手分けしなければできません。それを管理し、全ページに統一感を持たせるのが窓口さんです。でもここに落とし穴があります。窓口さんが作業手順をていねいに説明すればするほど、チェックもれが増えるのです。なぜでしょう? それは私たちの記憶装置が、そんなに優秀ではないからです。

上質なコミュニケーションを確立する方法はこうです。
〈ステップ1〉 チェック項目をA4・1枚にまとめ、スタッフに渡す。
〈ステップ2〉 お願いするのはその中の1項目だけ。1分以内で説明する。
〈ステップ3〉 最後に「何をするんだっけ?」と訊いて、スタッフにしゃべらせる。

参照ノンブルや用字用語のチェックは、1人に任せましょう。そうすれば、説明するのはその人だけでいいし、チェックの精度も高まるし、終わる時間も読めてきます。
「ちゃんと説明したのにモー」とぼやくウシさんは、わかってないのです。

*【上質なコミュニケーションの確立】 手渡された様々なメッセージを、正確にきちんと手渡しで返すこと。
ダンク創立以来の哲学。


修正箇所は二度見よう

赤字検版は、一人目が黄色、二人目が黄緑を使います。まずレ点チェック。チェックの位置は、赤字の後ろと決めておきましょう。たったこれだけで、赤字の見落としはぐんと減ります。二人目は一人目のレ点の後ろに、黄緑でちょこんとします。

次は校正紙の消し込み。一人目は赤字どおりに直っているかを確認し、そこを黄色で消し込みます。二人目は赤字どおりに直っているかを確認するだけ。消し込みはしません。黄緑だと校正紙がどぎつくなるので。

最後はパタパタ。ミスする人としない人の差はここにあります。ミスする人は黄色で消し込んだところに来ると、さっきがっちり見たから大丈夫!と考えます。一方ミスしない人は、さっきがっちり見たけど本当に大丈夫かなあ、と考えます。そして、もう一度赤字どおりに直っているかを確認します。「赤は止まれ」。いえ、校正は「黄色も止まれ」です。


赤字の常識チェックをしよう

そうめんに「うどんの画像を入れる」の赤字!? 京料理に「横浜の名店からお届けします」の赤字!? アイスクリームなのに「要冷蔵」の赤字!?(正しくは、要冷凍) カラーバリエーションは4色なのに「3色の中からお好きな色をお選びください」の赤字!? 

本文ではペケペケ共和国なのに、タイトルに「ペケペケ諸島共和国」の赤字!? 「早朝割引は他の割引との同じ利用が可能です」の赤字!?(正しくは、同時利用) 「エネルギー使用の合理化に関する法律(省エネ法)」の赤字!?(正しくは、エネルギー使用の合理化に関する法律)、日付と曜日、税込価格、割引率…エトセトラエトセトラ。

赤字検版は、赤字どおりに直っているかだけでなく、その赤字が正しいかまで確認しないといけません。お客さまは赤字をよく書き間違えます。


レ点の有無に注目しよう

赤字検版で目にする、デザイナーさんのレ点チェック。まれにレ点の代わりに赤字に×をしているデザイナーさんもいますが、その×を校正者がどう受け取るか、わかっているのでしょうか(事故になっても知〜らない)。

修正もれに出くわしたとき、このレ点の有無に注目すると、校正の神様がほほ笑みます。レ点がなければ単純な修正もれ。ではレ点があったら…化けの可能性大です。おそらく別の場所を直しています。

たとえば820円を840円にする赤字があったとします。デザイナーさんのレ点はあるのに直っていない!? こんなときは、周りに840円がないか探してみましょう。ほらね、すぐ横に化けた840円があったでしょ。神は細部に宿る。


修正もれはすぐに戻そう

修正もれがあったら、カンプにその赤字を転記して、制作会社に戻しますよね。それを見たデザイナーさんが「あれ、ここは直したはずだけど…隣を直しちゃったかな?」と隣が化けているのに気づいてくれればひと安心。

でも、こちらがもたもたしているうちに「終電なんで、あとはよろしく」とそのデザイナーさんが帰ってしまったら――。夜番のデザイナーさんは、隣が化けてるなんて知る由(よし)もありません。

「修正もれを見つけたら、すぐに戻す」。これは意地悪ではありません。安全対策です。絶対OKにならないカンプを必死にパタパタしても、危険度が増し、無駄な手間とコストがかかるだけです。


赤字に強弱をつけよう

赤字を書くときは、周りの人がイラッとするくらいゆっくりでいいので、ていねいに書きましょう。たまに斜めに書いてある赤字を見ますが、まっすぐ書かないと事故のもとです。

〈例〉「ハンドルを右に」と書いたのに、「インド人を右に」と打たれてきた!

引き出し線が多ければ多いほど、見落としの原因になります。同じ赤字が何カ所にも入るときは、マーカーを使ってまとめ、引き出し線は1本で済ませましょう。

〈例〉トル(黄緑マーカーの10カ所)

価格の赤字は確実に修正が行われるよう、他の赤字より大きく書いてください。

〈例〉1,980円

「読みやすくて、わかりやすい」。これは新聞、広告、校正紙に共通するキーワードです。デザイナーさんが「わぁ、きれい♪」って感激する校正紙なら、修正もれもなくなります。


原稿は貴重品のように扱おう

本原稿が100枚で、訂正原稿と疑問回答が合わせて100枚――。これをこのままファイルしても、校正はできません。どの訂正がどの商品に反映するかを探しながらだと、3時間で終わるはずの校正が一日仕事になってしまいます。訂正の意味を取り違える危険性もあります。そこで必要になってくるのが、原稿整理です。

原稿整理は、本原稿や訂正原稿にヌケがないかのチェックから始まり、疑問の未回答がないかを見届けて終わります。本原稿はB4なのに訂正原稿はA4、なんてことはよくあります。そのままだと校正者に気づいてもらえなかったり、紛失する恐れがあるので、すべてB4サイズにコピーし直します。扱い店欄が古い! そんな原稿が出稿されたときは、新しくできたお店でその商品を扱うのか扱わないのか、一つ一つ疑問にします。

原稿は小惑星探査機「はやぶさ」みたいです。広告が出来上がるまでに何十回もめくられ、最後はボロボロになります。だからパンチで穴を開けたら、パンチラベルで補強し、居心地のいい場所に保管してあげてください。

Copyright 2008 DANK inc. all rights reserved.