業務委託(アウトソーシング)のメリット

一般的にアウトソーシングとは、コア事業へ経営資源を集中し、付随業務にかかる人件費や設備投資費などを削減するために、専門的な能力をもった外部機関へ付随業務を委託することをいいます。では具体的に情報編集のアウトソーシングをおこなうメリットとは何でしょう。

業務委託(アウトソーシング)に適した業務としては、以下のような業務が挙げられます。

  • ・専門性が高く、教育・訓練などを要する業務
  • ・一定期間に集中して発生するため人員調整が難しい業務
  • ・発生頻度が低いため、専属の人員を用意するのが難しい業務

業務委託(アウトソーシング)を導入する理由はさまざまあるでしょうが、一般的には下記のようなメリットが想定できます。

  1. (1)専門性が導入できる
    • ・他社がもつ専門能力を利用できる
    • ・当該業務のために人員養成する必要がない
    • ・自前で運用するより質の高さが期待できる
  2. (2)コア業務へ専念できる
    • ・コア業務に専心できるため競争優位性が高まる
    • ・付帯業務に足を取られないので全体の効率がよくなる
  3. (3)人件費などのコスト削減効果がある
    • ・従業員を採用するよりも低コストである(福利厚生などの見えない費用も削減できる)
    • ・不定期な業務であっても、必要なときだけ委託できる
    • ・繁忙期と閑散期の差が大きい業務でも、繁忙期のみ委託できる
  4. (4)固定費の変動費化
    • ・固定費(人件費)が変動費になるので、コスト削減効果がある

お問い合わせはこちら

DANK編集サービス